- 肘の痛み(テニス肘・ゴルフ肘)

肘の痛み(テニス肘・ゴルフ肘・野球肘など)

テニス肘・ゴルフ肘・野球肘はその名の通りテニス・ゴルフ・野球によって肘に生じる痛みの総称です。他にも卓球やバドミントンなどのスポーツでも生じますが、スポーツ以外の作業でも生じることがあります。

これらの症状は前腕の筋肉に過度の負担がかかることにより、その筋肉が付着する肘の部分(手の筋肉の多くは前腕を通って肘の部分まで伸びて、肘の内・外側に付着しています)で微小な断裂が生じ、その微小断裂が回復していない段階でまた新たな負担がかかることによって、修復過程が不完全となり引き起こされる症状です。

主な症状として、痛み、熱感、上腕から手にかけての放散痛、脱力感などが挙げられますが、中には肘の部分で剥離骨折をしている場合もあるので注意が必要な症状です。日常では物をつかんだり、持ち上げたりする時や、雑巾を絞る時に痛んだりします。また肘が伸び切らなかったりする場合もテニス肘などが疑われます。また安静時にはあまり痛まないのも特徴です。

これらの肘の痛みはしっかりと完治させないと繰り返してしまうことが多い怪我です。
ではどのように治療をしたらいいのか。極端なことを言えば、ひたすら手や腕を使わず生活すれば(それはもちろん無理ですが 笑)いつか痛みは消失します。ですが使い始めればまたすぐに再発してしまうと思います。

これには原因があります。
それは「使い過ぎ」だけが原因ではなく、手や肘、身体の使い方にも問題があるからなのです。

例えば、テニスをしている際に必要以上にラケットを強く握っていたり、ボールを打つ瞬間に手首を強く返してしまったりするクセのある方は筋肉に過度の負担がかかります。過度の負担が加わった筋肉は疲労が溜まって硬くなり、肘に付着している部分を引っ張ります。他にも自身に合っていない用具の使用も身体には大きな負担になります。その間違った手や身体の使い方、用具のまま練習や試合を繰り返すことで最終的に身体は悲鳴を上げ、痛みが起こります。

日常生活では物を持つときに必要以上に握ってしまっていたり、筆圧が強かったりする方も肘に痛みが出やすくなります。また最近ではパソコンやスマートフォンの普及により、キーボードや画面を触る際の指や手首の使い方が負担になっている方もいらっしゃいます。

当院では痛みに対する対症療法だけではなく、再度痛みが起きないよう上記のような原因もしっかりと取り除くお手伝いをさせて頂きます。

肘はもちろん、腕や手首などの筋肉の緊張を緩和させ、さらに肩や胸、背中などの筋肉に対してもアプローチをしていきます。肘と肩や背中の筋肉は関係なさそうに思えますが、身体の筋肉は全身で連動しているため、肘だけではなく全身の状態を調整していくことがとても大事になってきます。

さらに正しく身体を使えるようにするエクササイズやアドバイスも行い、肘の痛みを根本から解消していきます。
港区、赤坂での肘の痛みの治療は当院にお任せ下さい。


アクセス情報

所在地

〒107-0052
東京都港区赤坂5-5-9 赤坂スバルビル3F

駐車場

申し訳ございませんが、当院は専用駐車場をご用意しておりません。
お近くのコインパーキングのご利用をお願いいたします。

休診日

木曜日

ご予約について

当院は予約優先制となっております