- 頭痛

頭痛

頭痛には様々なタイプのものが存在し、日本人の3~4人に1人がいわゆる頭痛持ちと言われている程非常に悩んでいる方が多い症状ですが、頭痛を主症状とする致命的な疾患も存在(クモ膜下出血、髄膜炎、脳出血、脳腫瘍など)するため、注意が必要な症候でもあります。

突発的に起きた頭痛(何時何分にどこで何をしているときに突然起きたと言える)、今までに経験したことのないような激痛、項部(後頭部から首にかけて)硬直がみられる頭痛、高齢者の初めての頭痛、持続進行性の頭痛、神経症状(まひ、物が二重に見えるなど)・精神症状などを伴う頭痛、発熱・発疹を伴う頭痛などは一刻を争う病態の可能性もあるので、まずは病院へ行かなくてはなりません。

致命的な頭痛を除けば、そのほとんどは緊張型頭痛であり、それに次いで片頭痛が多くなっています。頭痛ではまずしっかりとした鑑別を行い、その症状に適した処置を施していくことが大事になってきます。その中でも一番悩んでいる方の多い緊張型頭痛とは頭が締め付けられる、重い、こり感などの症状が出ますが、マッサージや鍼灸治療、ストレッチが非常に効果を発揮します。次いで多い片頭痛は側頭部やこめかみに「ズキズキ」と脈を打つ痛みが特徴的です。これは血管が拡張してしまうことで拍動性の頭痛が出ていますので、症状が出ているときにマッサージや鍼灸治療をしてしまうと逆効果になってしまうことが多く、こちらの施術には注意が必要です。

当院の頭痛治療ではまずどのタイプの頭痛かを鑑別した上で、お一人お一人に最適な治療を行って参ります。緊張型頭痛では首や肩のこり固まった筋肉が主な原因ですが、さらにどの筋肉かを特定し、手技治療や鍼治療、温熱療法を組み合わせて治療していきます。
さらには首・肩の筋肉以外にも原因となる因子は多数存在し(姿勢不良や関節の可動域制限など)、そちらを取り除くことも並行して行っていくことでより効果を高めていきます。

片頭痛は行動・環境・伝染・食物・化学作用・ホルモンによるものと考えられ、原因が多岐にわたる疾患ですが、明らかな原因がなしに起こることもある疾患です。
しかしその中で自律神経の乱れは片頭痛の原因となるため、この自律神経の乱れを整えるのに手技療法や鍼治療、温熱療法は非常に効果的です。当院の片頭痛治療では頭や首・肩まわりだけを治療するのではなく、姿勢の歪みなどを改善させて全身状態を整えることで自律神経の乱れを調整し、本来身体に備わっている機能を高める治療をして片頭痛を改善していきます。ただし、先ほども書きましたが、片頭痛の発作が起きているときには逆効果になりますのでご注意下さい。

辛い頭痛、薬に頼らなくていい身体を一緒に目指していきましょう。
港区、赤坂での頭痛治療は当院にお任せ下さい。


アクセス情報

所在地

〒107-0052
東京都港区赤坂5-5-9 赤坂スバルビル3F

駐車場

申し訳ございませんが、当院は専用駐車場をご用意しておりません。
お近くのコインパーキングのご利用をお願いいたします。

休診日

木曜日

ご予約について

当院は予約優先制となっております