- スポーツ外傷・障害

スポーツ外傷・障害

スポーツ「外傷」とスポーツ「障害」、よく似た言葉ではありますが、この二つには違いがあります。

「スポーツ外傷」とは、スポーツをしている際に転んだり、ぶつかったり、ひねったりといった一度のアクションで身体を傷めてしまったものを言います。具体的には足首をひねった「足関節ねんざ」、ダッシュをしている際に太ももの裏側の筋肉を傷めてしまう「ハムストリングスの肉離れ」、相手や物と接触した時に起こる「打撲」などがこれに該当します。

「スポーツ外傷」では筋肉や靭帯が大きなダメージを受けていることが多いため、外傷を受けてすぐの処置がとても重要で、この時に固定やアイシングなど適切な処置を行うことが早期復帰にもつながります。

一方「スポーツ障害」とはスポーツ特有の動作を繰り返し行うことで身体の一定部位に負荷が加わり、それが蓄積していくことで筋肉や関節に負担がかかり痛みが生じるものを言います。具体的にはゴルフやテニスなどで肘が痛くなってしまう「ゴルフ肘、テニス肘」、ランニングにより膝周囲が痛くなってしまう「ランナー膝」、アキレス腱が痛くなってしまう「アキレス腱炎」などが上げられます。

「スポーツ障害」は「スポーツ外傷」と違い、痛みに対しての治療のみではなかなか治らず、治っても再発しやすいのが特徴です。「なぜそこが痛くなってしまったのか」の原因をしっかりと突き止め、そちらも合わせて取り除いていかなくてはなりません。具体的な原因として考えられる要因は主に6つあります。

  1. コンディション:身体の調子が悪い(調整不足やケアの不足など)
  2. テクニック:身体の使い方の問題
  3. アライメント異常:姿勢や骨の配列が悪い
  4. 環境:グラウンドやコートなどの状態が悪い
  5. 用具:靴やラケットなどが自分に合っていない
  6. 練習の内容:練習内容や量の問題

当院ではスポーツの現場に携わってきた経験から、スポーツ外傷・障害どちらにも最適な対応をさせて頂きます。ただ治療をするだけではなく、原因を突き止めて再発しないようにすることも重要になってきます。よく肉離れやねんざなどは「クセになる」と言われますが、これは完治していない状態で競技に復帰したり、原因となった因子を取り除いていないために繰り返してしまうからなのです。

スポーツによる外傷・障害は適切な対応をすることが、その後のスポーツ継続にとても大切になってきます。それが競技スポーツでもエンジョイスポーツでも、長くスポーツを続けていくには痛みのない身体が大前提ですよね。

港区、赤坂でのスポーツ外傷・障害の治療は当院にお任せ下さい。


アクセス情報

所在地

〒107-0052
東京都港区赤坂5-5-9 赤坂スバルビル3F

駐車場

申し訳ございませんが、当院は専用駐車場をご用意しておりません。
お近くのコインパーキングのご利用をお願いいたします。

休診日

木曜日

ご予約について

当院は予約優先制となっております